プライベートな日記、心の声入り


by mokalog
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

やはり 親父化Ⅱ

しまった~  またやってしまったぁ~

お風呂あがりの一杯の「プハァー」

ビールは飲めないからお水だけど

それに最近
女の子ばっかり目で追ってしまうんだ
いつでもどこでも
夏ファッションがまた可愛いんだな
「おっ!」と思うとスタイルまで全身チェックしちゃってるよ私ってば
「お、おとも、お友達に、、、」
とナンパしたい衝動にかられてさ
うん!!!いいねいいね、その笑顔!!
浴衣姿もいいですなぁ~、、、と


女の子のいい匂いにも、ウムウム。となぜかなぜか満足するよ


このままではやばいでしょう

これはきっと
きっと?、、、いや、「やはり」だ!

やはり私は

やはりやはりやはり確実に親父化している!!!
[PR]
by mokalog | 2006-07-29 23:07 | ひとりごと

骨肉の争い

血のつながりとはこんなにも憎しみ合えるものなのかな

繋がっていた鎖がこじれてこじれて
八方が強力に引っ張り合って
このままではきっと粉々に壊れてしまう

あなた達の大事なものは何ですか?

そんな意地だけで。それを失ってしまってもいいのですか?

争わないで  争わないで

そんなつまらない事

憎しみ合うことなく皆がお互い思いやっていけますように


遠く離れている分心配で

あなたの孤独を考えると私は、、、

 お願いです。   幸せでいてください
[PR]
by mokalog | 2006-07-28 19:15
スリル満点

スケールが大きくスピード感があっておもしろい
必死なシーンに、優雅でおとぼけな音楽が流れたりと私も会場も笑いに包まれた
必死に戦うシーンをチンプに面白く見せたり、シュールに見せる

説明は難しいが、男達の各自の必死な想いによるいらぬ戦い、それを冷静に見る人物、必死に止めようとする人、軽い気持ちで漁夫の利を目論む人、、、ププッと笑える
皆バラバラ、、まるで幼稚園のクラスのようだった
キャラがはっきりしていてそのコントラストがよかった
バラバラ感と一帯感のあるシーンのコントラストも素敵

海賊の内情は未知の世界だが、巨大な生物や異文化民族、、、これは映画の中の話だけど、きっと実際にも海には私の知らないたくさんの不思議なことがおこりうるんだろうな、とワクワクした。

そして父と子の想いにグッときて泣いた。
とくにあの賭けのシーン、とその後、、

面白く、切なく、コミカルで、勇敢でかっこよく、ハラハラする
監督のキュートさを感じて好きになった


♪チャラランラン チャラランラン  チャラランランランラン♪

しばらくサントラが私の頭に流れている
[PR]
by mokalog | 2006-07-23 01:23 | 映画舞台観賞



フィルターを通した人の噂と


私のここにある真実


どっちを信じる?
[PR]
by mokalog | 2006-07-20 04:45 | ひとりごと

ハグ

シンジルの漢字
信じる  を 分解 してみ た
人、言う、、、、、人の言葉?

言葉を交わすって大事
でも信頼している人達に言葉にならない感謝や気持ちができた時は、
私は握手やハグをする。
ハグをすると心臓のあたり、つまり心と心がグッと近つく気がする。

ココロノコトバが伝わる気がする

人と、心の言葉?
たまに肉体が邪魔にさえ思える時もある。


「ありがとっ」 私は彼女をぎゅっとした
「いい匂いがする」 彼女も私をぎゅっっとした

もっと近つけたい、伝えたい
ぎゅぎゅぎゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーってした
「痛いよ(笑)」と言いつつ、彼女は私をギュッとしていた

これで骨が折れてワーー!ってコントとかありそうって思って
一人でニヤニヤしそうになったけど変態ぽいから我慢した
雰囲気も壊しそうだから言わなかった

ツタワッタ?
「だからこういうのは男にしたほうがいいんだって」 ネ 
[PR]
by mokalog | 2006-07-14 03:08 | ひとりごと

未来のこと


仕事の帰り、新宿を歩いていた
向かいから歩いていた人がこちらを見ていきなり

「あなた!!!いい運相、、、開花運が出てます!!!」

とだけ言って去っていった

???

新手の勧誘、、、ではなさそうだ。去っていったし

私はとりあえずとっても良い未来がありそうな気になりウキウキ
何日かそのウキウキが続いていた

ありがとう


そういえば高校生の頃初めて占いに行ったときのことを思い出した
学校の近くのカフェ、、、というより喫茶店
の店主さんは占いをしてくれてそれがまたよくあたるという噂
クラスメイト達とお茶がてら行ってみた

「あなたこうこうこうでしょ」
と当時の状況を次々と言い当てられた
すごい!なぜわかるのだ?

「あなたこうしたほうがいいわよ」
ほうほうなるほど、と聞いていた


そして最後にその店主さんはこう言った

「でも、未来のことは誰にもわかりません」


  、、、、、
[PR]
by mokalog | 2006-07-11 04:16 | ひとりごと

映画 「ナイロビの蜂」


エンディングロールが流れても私は動けなかった

エンディングロールが流れてから涙が溢れ落ちた

私は映画の本編が終わると混むのが嫌ですぐ立ち去るほうなのに

先日出演した舞台「錆びた少女」に似ているのだが、前半は時間軸やシーンが前後したり切り取ってあったのでストーリーからおいていかれる人もいるだろう。
しかし理解しようと能動的に見る方向になる。私はナイロビの世界の奥にまんまと入り込んだ。


命の価値は皆同じはずなのに
地位、お金、権威、私欲に乗っ取られた人間
アフリカの実情、子供たち
彼女の嘘は愛と思いやりからだった
でもそれは逆に相手の不安や不信の苦しみを生んでしまった
夫婦にとって本当に大切なことはなにか
最後にやっと味わうことのできたもの


近くにいる人達すら幸せにできない人は世界を幸せにすることなんてできない、、、そう思っていたが、この映画の中でどうにもならないシーンがあり、私ならどうするかと考えたときに、答えがでなかった。
何においても目先の利益よりもっと先に返ってくる利益が大事、なんてよく私は偉そうに言っていたが、この映画で、利益ではなくそれが人であったとき私は、
あの現状を変え人々を助けるためこれからのためだと頭ではわかっていても、でも!目先にいる人を見殺しになんてできない。どうしてもこの子から手を離すことなんてできないのに!!
自分の非力さを呪った。今考えても悔しく悲しい思いにふるえがする。
あの子供を助けたかった。


私は怒りすら感じた
自分の保身しか考えていなかった気分になった

感じる考えることが多すぎて書ききれないが心を動かされる映画だった

見終わった後アフリカの子供達になにができるだろうと考えた
物やお金の寄付では、その場しのぎで根本的な解決にならない。それは、子供達はもらうことや受動的な人生を覚えてしまっていて旅行者に「お金くれ」とついてくると聞く。それではどんどんだめになる、そうではなく、能動的に考え社会を変えていけるチカラ、、、教育が必要だろうか。そして足りないのが医者やl薬、、そして現地に住む人々のなかからそれらを伸ばす可能性を広げれる社会体制を構築することも必要だと思った。でもそういったことより自給自足の生活が彼らにとって幸せであったなら、、、

ちらっと聞いたことがある、今、募金は本当はどこに使われているのか。


このままでいいのだろうか

私はなんて非力なんだろう  今私達にはなにができるのだろう

彼らは何を望んでいるのだろう
[PR]
by mokalog | 2006-07-07 04:59 | 映画舞台観賞

ラブレター


レイヨナと家の近くのカフェにブランチ 
起きてすぐ頭ぼさぼさノーメイク、で来た同居人私たち
私はスープとチキンとパンのセット
彼女はサンドウイッチと生ビール

生ビール?????

そして 食べながらお互いのことを話したり、他愛もない話をする
私はふいに言った    「なんか私今幸せだあ~」
「なんで?」    レイヨナはポカンと返事した


誰かとこんなふうに話しながら一緒に朝食をとる

当たり前のこととして日常にあった人にはきっとなんでもない事かもしれない

朝起きて テーブルに一緒に座る 家族の日常のような空間

それはずっと味わえなかった 憧れだった空間

私たちは何てことない話をしながらおいしくご飯を食べている

それはうらやましかった家族の食卓

私にはとても心があったかくなる時間だった



「なんでなの?」と聞く彼女になんとなくそう伝えると

「それ、男に言ったほうがいいよ。なんかキュンとしたから」

え?そうなのか?そういうものだろうか、、、

ていうか、そんな事を言う相手もいないし、残念なことに。笑

それに変な奴だと思われそうだよ 

レイヨナだからそう感じてくれたんじゃないかと思いつつ彼女にはそう言わなかった



夜、彼女が買ってきたDVDを一人で見ていた

不安なことでいっぱいだったけど、あなたと暮らすことには不思議と不安はなかったんだよっていう宮崎あおいちゃんのセリフが耳に残った

レイヨナがこれ見てね、と買ってきた映画「ナナ」



そこに、私たちと 私達の生活が重ねて見えた
[PR]
by mokalog | 2006-07-03 02:46 | ひとりごと

納豆


私は関西人だ  だからかどうかわからないが納豆が食べれない

ねばねば していると腐っている、と私の脳は感知する

でも、見つけてしまった
ケンネットのアルゲトロンというシャンプー
1度洗うだけでぱさぱさだった髪がしっとりさらさら  初めての手触りに驚いた
なになに、、、美容液シャンプーとな、、、んと、成分は、、、
な、な、納豆!!!  うげげ
オクラ!!!   うにょにょ

ねばねばシャンプーううう!ねばねばシャンプー、ねばねば、、ねばねばねばねばねばね 
    
私は大いに葛藤した     多分3時間くらい
嫌いを我慢して髪の健康をとるか すっぱりやめるか


匂いフェチの私は試しに匂いを嗅いでみた

くんくん、、、あ!臭くない

女の子は地肌から子宮にたまって良くないと言われている合成界面活性剤を使っていない
体に安心のアミノ酸系シャンプーだよ
そして髪の周りだけをコーティングするのでなく内部に栄養を送り込むらしいよ
初めての手触り、しっとりサラサラだよ
私は自分に言い聞かせて今4日め、髪の調子はかなりいい
最近抜け毛が、、将来ハ、、、なんて気になる人にもいいらしい

素晴らしいかな 納豆シャンプー



自分を暗示にかけて納豆を好きになる日は

そう遠くはないだろう
[PR]
by mokalog | 2006-07-02 02:02 | 美容