プライベートな日記、心の声入り


by mokalog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今昔アリスのものがたり

昔むか~しあるところに林檎飴のすきな女の子がおったそうな

女の子は食いしん坊で見た目も決して良いとはいえぬが、心はとても澄んでおった

澄んだ心を信じない村の大人たちは、その心を壊そうとしたそうな

どろどろした感情を目のあたりにさせ、繰り返し繰り返し

「人間にはもっと陰な感情がある、お前も本当はそうじゃあ~」と教えていると

その女の子は

もともと自分にもあった陰の感情を閉じ込めたのか、はたまたもともとなかったのか

わからなくなったそうな

そして村のひとは組合までを開いたそうな

名付けて「村の組合 人間とはこうだ本部」

その子も私が変なんだと思うようになり、その感情を手に入れようとしたそうな

でもそれは、その子の本来の良さや個性を壊し
皆と足踏みをそろえようとしているだけかもしれなかった

その子の心は苦しみ壊れていったそうな

見かねたその村の神様達は蜘蛛の糸をたらした

女の子は壊れかけた微々たる自分の力を信じて登っていった

登ることができた彼女は神様から強いチカラをもらいうけました

オオキナイミデ ワタシヲ シンジマス

オオキナイミデ リンジンヲ スベテノコトヲ シンジマス

でも

やっと助かったはずの女の子は、心を壊しかけてしまった代償に

その体を不治の病に侵されてしまっていたそうな



残りの人生を女の子はどう生きたのじゃろうのう

彼女は誰かにこの先オオキナイミデスベテヲ信じてもらう事はできたのかのう
[PR]
by mokalog | 2006-04-09 02:35 | ひとりごと