プライベートな日記、心の声入り


by mokalog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:映画舞台観賞( 6 )

ブルーハーツの名曲ラブレター
『本当ならば今頃 ぼくのベッドには
あなたが あなたが 
あなたがいて欲しい 
今度生まれた時には 約束しよう
誰にも じゃまされない 二人の事を

読んでもらえるだろうか 手紙を書こう
あなたに ラブレター
ああ ラブレター
百分の一でも 信じて欲しい

あなたよ あなたよ 幸せになれ』

きっと皆が今までに感じたことのある切なくピュアでまっすぐな恋心
若さゆえ自分の青さゆえどうにもならないもどかしさ
この歌を題に作られ、どこか懐かしく心がキュッとなるとても素敵な映画です。

私はやさくれてて「はぁ~!?自分で金稼ぎなよ!!」とか言ってるけど実は、石垣佑磨くん演じる主人公良太を心配してる女の子、ライブハウスの店員ミサキ役で出演です。そして私の出演はお尻のアップから始まります(T_T)

12月19日(火)
劇場トークショーに出演します
21:10~広澤葵ナイト劇場挨拶
21:25~上映~23時終了予定

シアターN渋谷(http:www.theater-n.com/information.html)
渋谷区桜ケ丘24-4東武富士ビル2F
TEL 0354892592

ぜひぜひ見にきて下さい

〓 ÅоΙ hirosawa 〓
[PR]
by mokalog | 2006-12-15 16:10 | 映画舞台観賞
スリル満点

スケールが大きくスピード感があっておもしろい
必死なシーンに、優雅でおとぼけな音楽が流れたりと私も会場も笑いに包まれた
必死に戦うシーンをチンプに面白く見せたり、シュールに見せる

説明は難しいが、男達の各自の必死な想いによるいらぬ戦い、それを冷静に見る人物、必死に止めようとする人、軽い気持ちで漁夫の利を目論む人、、、ププッと笑える
皆バラバラ、、まるで幼稚園のクラスのようだった
キャラがはっきりしていてそのコントラストがよかった
バラバラ感と一帯感のあるシーンのコントラストも素敵

海賊の内情は未知の世界だが、巨大な生物や異文化民族、、、これは映画の中の話だけど、きっと実際にも海には私の知らないたくさんの不思議なことがおこりうるんだろうな、とワクワクした。

そして父と子の想いにグッときて泣いた。
とくにあの賭けのシーン、とその後、、

面白く、切なく、コミカルで、勇敢でかっこよく、ハラハラする
監督のキュートさを感じて好きになった


♪チャラランラン チャラランラン  チャラランランランラン♪

しばらくサントラが私の頭に流れている
[PR]
by mokalog | 2006-07-23 01:23 | 映画舞台観賞

映画 「ナイロビの蜂」


エンディングロールが流れても私は動けなかった

エンディングロールが流れてから涙が溢れ落ちた

私は映画の本編が終わると混むのが嫌ですぐ立ち去るほうなのに

先日出演した舞台「錆びた少女」に似ているのだが、前半は時間軸やシーンが前後したり切り取ってあったのでストーリーからおいていかれる人もいるだろう。
しかし理解しようと能動的に見る方向になる。私はナイロビの世界の奥にまんまと入り込んだ。


命の価値は皆同じはずなのに
地位、お金、権威、私欲に乗っ取られた人間
アフリカの実情、子供たち
彼女の嘘は愛と思いやりからだった
でもそれは逆に相手の不安や不信の苦しみを生んでしまった
夫婦にとって本当に大切なことはなにか
最後にやっと味わうことのできたもの


近くにいる人達すら幸せにできない人は世界を幸せにすることなんてできない、、、そう思っていたが、この映画の中でどうにもならないシーンがあり、私ならどうするかと考えたときに、答えがでなかった。
何においても目先の利益よりもっと先に返ってくる利益が大事、なんてよく私は偉そうに言っていたが、この映画で、利益ではなくそれが人であったとき私は、
あの現状を変え人々を助けるためこれからのためだと頭ではわかっていても、でも!目先にいる人を見殺しになんてできない。どうしてもこの子から手を離すことなんてできないのに!!
自分の非力さを呪った。今考えても悔しく悲しい思いにふるえがする。
あの子供を助けたかった。


私は怒りすら感じた
自分の保身しか考えていなかった気分になった

感じる考えることが多すぎて書ききれないが心を動かされる映画だった

見終わった後アフリカの子供達になにができるだろうと考えた
物やお金の寄付では、その場しのぎで根本的な解決にならない。それは、子供達はもらうことや受動的な人生を覚えてしまっていて旅行者に「お金くれ」とついてくると聞く。それではどんどんだめになる、そうではなく、能動的に考え社会を変えていけるチカラ、、、教育が必要だろうか。そして足りないのが医者やl薬、、そして現地に住む人々のなかからそれらを伸ばす可能性を広げれる社会体制を構築することも必要だと思った。でもそういったことより自給自足の生活が彼らにとって幸せであったなら、、、

ちらっと聞いたことがある、今、募金は本当はどこに使われているのか。


このままでいいのだろうか

私はなんて非力なんだろう  今私達にはなにができるのだろう

彼らは何を望んでいるのだろう
[PR]
by mokalog | 2006-07-07 04:59 | 映画舞台観賞

映画デスノート見ました

藤原竜也さん主演の映画デスノート

見た後、ひとつの言葉をやまびこのように連呼した


ワンシーンですが私、広澤葵も出演させていただいた映画デスノート

昨日、関係者用に上映がありついに完成版見ました

「おもしろい!!」

やられた~って感じでした

もう一度みたい

レッチリの曲もよかったな~

連れて行っていただいたのはそこの監督補を務めていらっしゃった松枝佳紀氏

会場には金子監督もいらしゃってました。

松枝氏の舞台「錆びた少女」6月13日~18日に主演で出ます

http://www.alotf.com/
場所は阿佐ヶ谷。

ただいま練習中。皆ものすごくがんばってます。

ですが脚本、まだラストシーンは私たちの手には渡っていません

とても楽しみです

デスノートのように、もう一度みたいと思っていただけるよう頑張ってます

ぜひぜひ見に来てくださいね(^^)
[PR]
by mokalog | 2006-06-02 02:48 | 映画舞台観賞
あ!上映開始時間過ぎてる
コソコソコソ。こっそり入るとまだ予告で助かった。 ホ
あれ、なんか甘~い匂い
チョコレートだ  遊園地のアトラクションみたい

映画は通常は視覚と聴覚。後は見ている各個人のメタファー
人の五感は触覚、聴覚、視覚、臭覚、味覚だっけ?
匂いはフラッシュバックをおこしたり、現実感が増す。
私は懐かしい匂いにハッとしたり落ち着いたりすることがある。

チャーリーとチョコレート工場、、、笑えた
やばいおかしい。小さいおじさん達の表情と動きがツボにくる
ファンタジー。嫌な事も忘れることができる映画だと思う
ばかうける。小さいおじさんの秘書姿。
そしてリスなのね。そこにリスなのね。

映画を見てばかうけしているまわりの人達もおもしろい。
わはははは
おっとびっくり。あんさん声大きすぎでっせ。見ると金髪の人だった。
つられて笑うよ。笑う門には福来たるし

最初の5分はおもしろくないんじゃないかと疑ってごめんなさい。
私がいつも映画に求めるおもしろさとは違うけれどもおもしろかった。
そしてハートフルもあり、目頭が熱くなった。


これからチョコレートの匂いがするたびに私はうじゃうじゃ思い出すだろう

小さなおじさんを
[PR]
by mokalog | 2005-10-03 23:59 | 映画舞台観賞
渋谷bunkamuraシアターコクーンで4時間全く飽きずまだもっと見たい思った。
おもしろい。その時々に場面を想像させてくれ引き込まれた。
私は性的なものが苦手だが、あれは芸術だった。
唐沢寿明さんさすがの迫力でいつもテレビで見るさわやかな唐沢さんではなく役になっていてちょっと怖いくらいだった。
白石加代子さんは登場するだけで拍手や笑いが起こるキャラと演技力。
出演者みんなすばらしかったが私的に藤原竜也さんがすごく輝いて見えた。真面目だったり、すっごくふざけたり、恋した少年だったり、女形してみたり・・これがまた美しい、からくり人形だったり、パッパッと切り替わり、またその全身全霊の堂々たる演技に釘付けでした。
初日という事もありハプニングもあった。
音のずれとかもあったが、篠原涼子さんのカツラが半分落ち観客席に転がった。そのままにしておくのかなと思ったら、なんと演出家の蜷川幸雄さんが客席からスタスタスターっとでてきて拾って舞台袖に入っていった。
なんだか自然に拍手がでた。皆拍手してる。
なんだかすごいと思ったのだ。
舞台は回をかさねる毎にまたどんどん成長していく。
機械と人の違い
おもしろいおもしろかった。
終盤あたりにはさらに素晴らしくなっていそう。
もう一度みたい
絶対見たい
[PR]
by mokalog | 2005-09-11 23:28 | 映画舞台観賞