プライベートな日記、心の声入り


by mokalog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

四つ葉のクローバー


渋谷行きのバスに乗った

私はこれから始まる超多忙な日々のスケジュール帳を見ていた

これから1カ月ほんのひとときも休みがない

6月の舞台にむけて主演の責任感を実感していたその時

「これあげます」 隣の人が私に話しかけた。見ると

四葉のクローバーの押し花
 
「幸せが来るように、、」 

そう言ってニコッと笑った白髪のその男性はとても穏やかな優しい顔をしていた


どうしてくれたんだろう?

不思議だが私はとてもとても嬉しくてありがとうと言った。

また幸せをもらった、、、


壊さないようそっと手帳にはさんで、何かお返しをしたくて鞄をあさった

、、、なにもない

気の利いたものがなく、レストランでもらったマウスウオッシュを渡した

「食べていいの?」と聞かれ

「いえいえ、これは食べられなくて口をゆすぐもので」と慌てて答えた

間違って食べちゃったらお返しどころかお腹壊させちゃう

白髪の男性はニコッと笑った「ありがとう」

いらないかもしれないけど、 その笑顔が嬉しかった

先に降りた私は手を振って見送りながら考えた

私は人にどんな幸せをあげられるだろう



不思議な出来事だった

でも私は幸せな気分でいっぱいになった

そして友達にも幸せをおすそわけをしたくなった私は穏やかな気分で

お花屋さんに入った
[PR]
by mokalog | 2006-05-09 11:24 | ひとりごと